最新情報はこちら
募集期間
2021年10月20日(水)~2021年12月1日(水)
対象国
インドネシア、台湾、フィリピン、ベトナム

NEWS

2021.7.29
2022年派遣特設ページを公開しました。
2021.8.20
オンライン説明会の動画を公開しました。
2021.8.30
「NPカフェ」の動画を公開しました。
2021.9.6
オンライン説明会(8/11実施)のダイジェスト動画を公開しました。
2021.9.6
オンライン説明会(8/27実施)の動画を公開しました。

宝物はアジアにあり!

現地の人たちが笑顔で受け入れてくれた。
自然に自分も笑顔になっていた。
その瞬間、気負いはなくなり、互いに学びあう楽しさに気づいた。
日本語パートナーズとして過ごした濃密な時間、それは自分自身にとって、
そして現地の人たちにとっても宝物と呼べる貴重な経験になるに違いない。

一歩踏み出せば、それはきっとあなたを待っている。

FLOW

申込までの流れ

STEP1

応募受付

「応募受付ページ」に情報を入力・送信してください。応募用紙がメールで届きます。

STEP2

書類提出

記入した応募用紙と、その他必要書類を郵送してください。

STEP3

選考

選考は、書類選考(第1次選考)と面接(第2次選考)があります。

STEP4

派遣前研修

選考を通過された方には、約1か月間の研修に参加いただきます。研修では現地語や現地での生活・活動に必要な知識を身につけていただきます。

EVENT

説明会・イベント申込
第3回募集にあわせて10月下旬からイベントを開催予定です。

オンライン説明会

事業概要や募集についてオンラインで説明します。日本語パートナーズ経験者からの活動報告も必見!

  • 8/11

    (水) 19:00~21:00【終了】

    スペシャルゲストこがけんさん出演動画公開!!

  • 8/27

    (金) 19:00~20:30【終了】

    ※住みますアジア芸人「Tの極み」さん出演!!

経験者と話す会

日本語パートナーズ経験者に直接質問できるオンライン座談会を開催します。

  • 8/13

    (金)~

    9/5

    (日)で開催!【終了】

【終了】

NPカフェ

仮登録がお済みの方向けに、日本語パートナーズ経験者が視聴者からの質問に答えるイベントを開催しました。
動画を公開しました。

動画

社会貢献

キャリアアップ

自己成長

社会貢献

日本語教師になる。現地の学校に就職する。NPOでプロジェクトを立ち上げる。
手段はさまざまでも、アジアのために活動したいという気持ちは同じです。
日本とアジアの懸け橋となって未来を変えていく、大きな一歩になるでしょう。

仕事でアジアに駐在していたころの恩返しをしたいという気持ちから、定年退職後に日本語パートナーズに参加、2016年5月から2017年3月までタイに派遣された柘植さん。
帰国後に、「もう一度日本語教育について勉強してみよう」と、日本語教師養成講座を受講。
現在は、非常勤講師として働かれているそうです。
日本語パートナーズとして活動していたときの一番の思い出は「スピーチ大会」と答えた柘植さんの現地での活動、そして現在についてお話を伺いました。

日本語パートナーズの活動を通して、


アジアに恩返しをしたい

タイ4期 柘植要介さん

他にも気になるインタビューをチェック!

キャリアアップ

アジアの人々とのリアルな交流を通して得られたスキルや豊かな体験は、
帰国後の復職にも、新しい仕事への転職にも、起業にも活かせる貴重な財産。
あなた自身のキャリアや第2の人生を支え高める、確かな力になります。

「教育」を柱に国際貢献や国際交流に携わる仕事で、自分に何かできることはないかとずっと考えていたという、山本さん。
日本語パートナーズに応募し、2018年5月から2019年3月までミャンマーのヤンゴンにある大学に派遣され、日本語の授業のほか、日本の文化を紹介するためのイベントを開催。帰国後は、一般企業に就職。
入社後すぐにベトナムで勤務するなど、日本語パートナーズでの経験を評価してもらえたのは嬉しかったと語る山本さんにインタビューしました。

退職し挑戦した先に見つけた、


新しいキャリア

ミャンマー4期 山本愛莉さん

他にも気になるインタビューをチェック!

自己成長

幅広い層の方が応募できる日本語パートナーズは、一歩を踏みだすにも適したプログラム。
異文化に触れて、自分を見つめなおす。海外で働くという夢を叶える。
新しいチャレンジは、きっとあなたの未来の可能性を広げてくれるはずです。

大学3年の時に日本語パートナーズ派遣事業に参加し、2017年8月から2018年3月までインドネシア・東ジャワ州の都市マランに派遣された藤岡良輔さん。
「インドネシアが第二の故郷」と語る藤岡さんは現在、動画配信を通じて日本とインドネシアの懸け橋になりたいとYouTubeにインドネシアについて紹介する動画を公開しています。
帰国後は、大学を卒業。就職活動にも良い影響があったと話す藤岡さんは、国際交流の魅力を「視野が広がる」ことだと話してくれました。

活動を通して得た心のゆとりが


自分を大きく変えてくれた

インドネシア8期 藤岡良輔さん

他にも気になるインタビューをチェック!

日本語パートナーズに応募する

MOVIE

オンライン説明会

日本語パートナーズとしての活動内容や現地の様子、派遣までの流れなどを紹介します。

※視聴をしなくても応募は可能です

8/11説明会(フル版)
インドネシア、タイで活動した経験者出演

8/11説明会(ダイジェスト版)
インドネシア、タイで活動した経験者出演

8/27説明会(フル版)
タイ、ラオスで活動した経験者出演

NPカフェ

日本語パートナーズ経験者が視聴者の皆さんからの質問に答えました。

8/22NPカフェ(フル版)
インドネシア、タイ、ラオスで活動した経験者出演

ウェビナー

「グローバル人材がなぜ組織を強くするのか―ポストコロナの学びを考える―
国際交流基金アジアセンター×GLOBE+」

第一部「人材育成や企業成長につながる社外での学び」

第二部「「予定調和」から離れた挑戦が個人と組織を強くする」

日本語パートナーズの一日

タイのバンコク、東北部スリンに派遣された日本語パートナーズのある1日をご紹介します!

現地の先生・生徒からのメッセージ

トンチャイ先生・スパーバン先生(タイ)

ユスフさん(インドネシア)

PAGE TOP